• Yin Yoga Introduction

    Posted on June 4, 2016 by in Diary

    陰ヨガとは...

    遠い昔、太古のこの世界で、ヨギはインドだけに存在したわけではありません。数千年前のインドでヨガが生まれた同じ頃、違う場所で、同時多発的にヨガと同じ思想、哲学が発生しています。
    シャーマン、タオイスト、それらは皆ヨギと同じです。

    中国の道教とインドのヨガには、そのようなシンクロニシティが起こった歴史があります。
    私たち日本人には四季があり、農耕文化があり、漢字を使い、こういった点で、中国で生まれた道教を共に理解できる土台があります。道教の観点を学ぶことで、インドのヨガへの造詣をより深めることが出来ると言えます。

    具体的な陰ヨガの練習方法やアーサナは、アメリカ人のポール・グリリー氏が創造したものです。(後にポールのもとでこのヨガを学んだサラ・パワーズが”Yin Yoga”と命名) ポール・グリリー氏は日本の超心理学者・心理学者である本山博博士のもとでチャクラや経絡、瞑想について学び、陰ヨガのシステムを創設しました。従って陰ヨガの原点は日本にあると言えます。

    その系譜を継いだのが、現在アジアやヨーロッパで精力的に陰ヨガを指導しているビクター・チャンです。ビクター・チャン氏は30年に渡るヨガ練習生であり、自身のグルを持った敬虔なチベット仏教者です。とりわけ、道教や東洋医学においての造詣が深く、ヨガ哲学と道教を繋げて教えることの出来る第一人者です。

    解剖学的に陰ヨガとは、主に筋膜のリリースに着目しています。筋膜とは私たち人間の体の組織の全ての層で発見された薄いシートです。これは私たちの体のあらゆる部分を接続しており、身体全体の通信ネットワークを提供する組織です。私たちの練習する陰ヨガでは、この層に到達して、緊張をリリースし、関節の自由な動きを得ること目的としています。それは強烈なマッサージセラピーのようなものでもあり、最低限の筋肉のストレッチで筋膜をリリースする方法です。

    通常、身体をダイナミックに動かす、ヴィンヤサやアシュタンガ等を練習している方、主に瞑想を中心として練習している方、ランニング、ダンス、フィットネスなどで特定の筋肉を使った運動を行っている方、また逆に運動不足の方、年齢を重ねていく方、陰ヨガはそういった全ての方に対して必要な練習法です。

Comments are closed.